10/15/2008

A Turning Point 人生の転機


(A leaf that has become skeleton I picked up from ground one day, thinking, "So beautiful!" The vein that once transported life force are now beautiful lace. I thought that the process to assimilate with the mother nature, namely dying, can be so beautiful.)

(Japanese: 「きれいだ!」と思って拾った地面に落ちていたスケルトンになった葉っぱ。この葉っぱの木の糧を運んでいた葉脈は今は繊細なレースになりました。土に還るプロセス、死に行くプロセスはこんなにも美しいのだなと思った瞬間に撮った写真。)

In the past three months, my life has completely shifted 180 degrees.

Many changes have occurred.

I have experienced pains while I was crying with joy for the beauty of life itself.

The metaphor of a downpour washed away my old foundation, and I was making a new one seems to describe what I was going through the best.

Loren and I are no longer together.
He is still a very important person in my life.
I love him as a friend and a soul so dearly.
Now, we have become more than just friends. We are more like a brother and a sister. (Sometimes, we don't know who is the older one, though.) I have learned a great deal of valuable knowledge, skills, and wisdom from him and from the relationship I had with him. As I was blessed with the opportunity to take care of his grandmother with him, I learned the importance of patient, love, and a good sense of humor. We have done so many things together that I cannot even begin to list here in the past three and half years. We have shared some pains and a lot of laughter. I pray that his life from this point forward will be also always filled with light of love.

Loren, thank you very much.

I have moved out of the house where Loren and I lived together, and I found a new place.

My biodiesel, Mercedes has broken down to a point where I could no longer afford to fix. Since the new teaching job was about to start, and I needed a reliable car to transport myself everyday, I gave up on fixing it and bought a new used car.

Therefore, the month of August and September were super busy. Looking for a new place to live, moving there, preparing to start the teaching job starting in September, looking for a new car, selling the Mercedes (despite of its condition, there were actually several interests, and it was sold for $500), signing up for a new land line and an internet access, signing up for a new cell phone, getting a new PO Box, and so on made my life busy.

Everything was new. A new house, a new job, a new car, a new cell phone, and a new life...

There were times when it was emotionally difficult, but like rain would make ground more solid, I gained a refreshingly new foundation to move on with my life. It was stressful when everything was happening at the same time, but I thought that it was a blessing because it was so symbolic. Now, I can take a breath and look back the past two months. I hope to update my blog more periodically. I appreciate all the people who have helped me along the way either knowing what were happening or not knowing.

Life is indeed beautiful despite of everything that could be difficult, and I cannot thank the source of life enough for letting me be alive.

Thank you.

-----------------------------Japanese------------------------------


(I took this photo at night by the seashore. The black sand and the white wave. Beautiful.)

(Japanese: 夜に波打ち際で撮った写真。黒い浜辺と白い波。きれい。)

過去三ヶ月の間に、私の人生は180度目まぐるしく変わっていっていました。
数々の変化が起こりました。
沢山の痛みを味わいながらも、生かされる喜びに涙していました。
土砂降りが降って、それまで自分が立っていた土台が全て流されて、さっぱり新しい土台を作っていたというのがぴったりくるような気がします。

7月に3年半付き合っていたローレンとお別れをしました。
彼は私にとって今でもとても大切な人に変わりはありません。
今でも彼のことを心から友人として、一人の人間として愛しています。
私達は今は親友以上の友達になりました。兄弟という感じです。時々彼がお兄ちゃんで、またあるときは私がお姉ちゃんになります。彼からは沢山の数え切れない生きるにあたって大切なことを学びました。彼のおばあちゃんを一緒にお世話させてもらって、本当に多くのことを学ぶとともに、忍耐と愛と笑いの大切さを学びました。ここにはとても書ききれない沢山のことを一緒にしてきたこの3年半。笑いも辛さも共に背負ってきた3年半。彼のこれからの人生が光で溢れたものでありますようにと心から祈らずにはおられません。ローレン、本当にありがとう。

それから私はローレンと一緒に住んでいた家から引越しをし、新しい住まいを見つけ、そこへ引越しました。

私のバイオディーゼルのベンツくんはとうとう、私の力と財政力では修理が難しいところまで壊れてしまい、教師の仕事も始まるので、仕事に行くためにもっとちゃんと走る車が必要だと思い、新しい中古車を買いました。

なので8月と9月はとっても忙しかったです。引越し先を探したり、引っ越したり、9月から始まる仕事の準備をしたり、車を探したり、ベンツ売ったり(一応走るので、物好きな人が買ってくれました)、新しい家の電話線引いたり、新しい携帯電話取得したり、新しいPOBOX(私書箱)に申請したりしているうちに月日は瞬く間に過ぎていきました。

新しい家、新しい住所、新しい車、新しい仕事、新しい携帯電話、新しい生活。

精神的に辛い面もあったけど、「雨降って地固まる」だと思って、全てが一斉に起きているときはストレスフルだったけど、それも意味があると思って、祝福だなぁと思ってやってきました。ここにきてやっと落ち着いて振り返られるところに来たという感じです。これからはもっと定期的にブログを更新していきたいと思っています。支えてくれている皆さんに心から感謝。

どんな辛いことがあっても生かされているって有難いなぁと思う今日この日に。

6 comments:

Aya in Pukalani said...

人生ってホントに素晴らしいよね
私もふとした瞬間に”生かされてる”っていう感覚に包まれて、言葉に出来ない思いで胸がいっぱいになることがある
色んな想いが一緒にこみ上げてきて涙が出る時がある
そういう感謝出来る気持ちとか、感じる心を忘れずにいつも過ごしていたいよね
今度お茶でも致しましょう^^

Akari Ueoka said...

あやちゃん、コメントをありがとう。本当だね。そんな風に涙できるときって魂が震えるよね。あの気持ちを忘れないでいつもの日常生活を送れるようになるのが私の目標です。
是非、今度お茶でもしてください。楽しみにしてます。
安佳里

Bruce said...

I appreciate your sharing. I guess all of us go through those kinds of difficulties especially in our 20s. I can relate to the insecurity at that stage in life of being single but hoping not to be, etc. Well, life goes on and has plenty of new challenges. I am sure you will have noticed that the old people have their own sets of problems which are quite different from yours! You have many things going well for you. You have a bright future. Enjoy your teaching and also some new freedom!
Bruce in Taiwan

Akari Ueoka said...

Hi Bruce,
Thank you for your comment. I have no fear of being single, and I am thankful to this "alone" time to be with myself. Yes, you are right. Life goes on. Thank you for your encouragement always.
Akari

やすこ said...

とても大きな転換期だったんですね。
変容を遂げたあかりちゃんはどんな風に輝いているのでしょうか。

葉っぱ、綺麗ですね。
日本も紅葉が始まりました。
そして、空も空気も花粉症も、秋そのものです。

Akari Ueoka said...

やすこさんへ

コメントをありがとうございました。
日本の紅葉がとても恋しい季節です。それから焼き芋・・・。秋は私が生まれた季節でもあるせいか、他の季節よりも一層思いいれがあります。

やすこさんが日本の秋を元気に満喫されておられるよう祈っております。

安佳里