1/29/2009

Respect 尊敬


(This is one and half year old me looking at something on the ground, probably ants or some small bugs. Very fascinated...)
(地面にある何かを見ている一歳半の私。多分蟻さんか小さな虫でしょう。とても興味津々です・・・。)

The last week was very busy with the teaching job.
There are many things to think about.
A classroom consists of children coming from different parenting styles, family structures and circumstances. How can I as a teacher create harmony with all that while I let each individual child blossom in his or her own way? There are many things to think about...

I love my students very much. As much as I love them, I cannot let them get away with their behaviors or words that are not appropriate. I chide them firmly yet with love, simply and honestly as I look into their eyes. Personally, what I want them to learn the most at school is to respect, respecting themselves, parents, friends, nature, and things in their lives. I want them to walk with respect whatever path they choose to walk on as they grow.

This school year which began last September will end in May. There are only four more months left. I would like to hold on tight and do my best for the rest of year.

-------------------------------- Japanese ----------------------------

お仕事上色々あって忙しい(っていつも言っていることですが)。
悩むことも多々。
躾、家族構成、家庭の状況など、色々な家族から来た子どもたちで教室は成り立っている。その一人一人の違いを活かしつつ、どうクラスとしてのハーモニーを創り出すか。教師として考えることは尽きず・・・。

心から愛している子どもたち。愛している分、彼らの問題ある言動、行動にはうるさい私。見て見ない振りはしないし、出来ないし。愛を込めながら叱る。しっかり叱る。簡潔に率直に。彼らの目を見ながら。私個人的に、子どもたちに一番学んで欲しいことは、「尊敬(リスペクト)」。自分へのリスペクト。両親へのリスペクト。他へのリスペクト。自然へのリスペクト。いつも尊敬の心を持って歩んでいってほしいと願う。

9月に始まった学校もあと4ヶ月を残すのみとなり(6月から夏休みなので)、残りの4ヶ月をしっかりやっていこうと気を新たにしているところです。

2 comments:

ゆか ミケルソン said...

小さな子供たちにとって、毎日が新しいものとの出会いであることに感動させられるよ。

大抵毎日公園に行くのだけど、砂利道一つにしても、彼(のあ)にとっては新しい発見で砂利の上で立ち止まって靴で音をならしてにこっとしてる。それがとてもかわいくて、微笑ましくて、なんだかとっても暖かい気持ちになる。

あかりちゃんがんばって!最初の1年って大変だろうけど、あとちょっと!!

Akari Ueoka said...

ゆかちゃんへ
コメントをありがとう。
砂利道の音を楽しんでいるノアくんの様子が目に浮かぶようです。かわいいね。そういう胸をキュンとさせられる瞬間を、毎日12人の子どもたちと接している中で味わえることが有難いです。
応援のお言葉ありがとう!
安佳里