3/11/2009

Whale Watching ウェールウォッチング


Yesterday, my class went a whale watching excursion!

It was a very fun day. We all drove to Lahaina harbor and gathered in front of a booth number 16, a company called Safari Boat Excursion. Many parents, fiends, and extended family members of my students came for this day (the maximum number of people who could get on the boat was 32, so I gathered 32 people to make it cheaper for each person to pay the fee; to rent the boat was $321.51, so it was $10 per person).

There were many humpback whales swimming. We saw a baby one; a boat staff member told us that sometimes a mom whale pushes a baby whale up to the surface of the water because it cannot swim underwater for a long time like a mom does. I thought that it was very cute. I imagined a baby whale trying to catch a breath and saying, "Mommy, I'm tired. I want some more milk now," and a mom whale saying, "Oh baby, one more dive, and then you will have some snack. You can do it, here we go!" Did you know that a baby whale drinks 50 to 100 gallons of milk a day?

As whales came to the surface of the water, my students excitedly shouted, "There! There! I see it!" We also listened to the whales singing when the boat captain David put down a special microphone under the water. The boat ride lasted about an hour and half.

I was very appreciative of the fact that we live on this beautiful island where humpback whales come to give birth to babies in winter. Having this kind of resource is such a blessing as a teacher, and my students are blessed to have this opportunity to be so close to such a beautiful animal called whale.

I hope that this experience will help my students to understand that not only humans live on this planet, and I hope that they gained deep respect for all creatures living in the sea as well as on the land.

It was nice to spend time with families and get to know each other more outside of the classroom, and it was my first time (after living on Maui for 7 years) to be on a whale watching boat, too!


(A student looking through a binocular.)
(双眼鏡で鯨を探している児童)

---------------------------------- Japanese ----------------------------------


昨日、私の教室は遠足としてウェールウォッチングに行ってきました!

とても楽しい一日となりました。皆、ラハイナハーバー(港)まで運転して、16番のブースである「Safari Boat Excursion」という会社の前で集合しました。私の教えている子どもたちの保護者の方々、お友達、親戚などが集まってくれました。(このボートに32人まで乗れることになっており、ボートを貸しきるのに$321.51しましたので、一人分の費用を安くするために32人集めたのです。つまり一人$10だったというわけです。)

沢山のハンパックウェール(日本語で言うとザトウクジラです。英語では背中の瘤からhumpback whale(せむしの鯨)と呼ばれているようです)が見られました。赤ちゃんもいましたよ。ボートのスタッフの方が「赤ちゃんはお母さんのように長い間水面下で泳いでいられないので、時々、お母さん鯨が泳ぎ疲れたた赤ちゃん鯨を下から押し上げて、水上に顔を出させ息継ぎを手伝うんですよ。」と言っていました。その風景を思い浮かべて、とてもかわいいなと思いました。そして赤ちゃん鯨が「お母さん、もうぼく疲れたよ。早くお乳を飲みたいな。」と言って、お母さん鯨が「あらまぁ、坊や。あともう一回泳ぎの練習をしましょう。そうしたらおやつにしましょう。もう少しがんばりましょうね。はい、行きますよ。」と言っている様子を想像してみたりしました。赤ちゃん鯨は一日に50から100ガロン(200リットルから400リットル)のお乳を飲むそうです。すごい量ですね。

鯨が水面に出てくる度に子どもたちは、「あっあそこにいる!見て!ほら!」と興奮して言っていました。ボートキャプテンのデイビッドさんが特別なマイクを水中に入れてくれ、鯨たちの歌っている歌を聴くことも出来ました。一時間半ほどの間のウェールウォッチングでした。

冬に鯨たちが赤ちゃんを産むためにやってくるこの美しい島に住んでいる事実にとても感謝しました。教師としてこのような資源・機会を子どもたちに提供出来ることがとても有難いです。そしてマウイに住んでいてウェールウォッチングに来られる子どもたちは、鯨というこのような美しい動物を間近で見られる機会があり、とても幸運です。

この機会を通し、私の教え子たちがこの地球には私達人間だけが住んでいるのではないということを改めて理解してくれること、そして海の中、陸の上に住む全ての生き物たちへの尊厳の気持ちを養ってくれたらいいなと切に願います。

子どもたちのご家族と学校の外で触れ合う意味でも、良い一日でした。そしてこれは(マウイに7年住んでいながら)私の初めてのウェールウォッチングでした!

2 comments:

みけるそん ゆか said...

うわ〜、いい写真がとれてるね!羨ましい。。。

私も、あかりちゃんと同様、マウイに5年住んでいながら、一度も行った事がなかったけど、親友が来たので私と彼女とのあと3人で行ってきたよ。

本当にマウイに住んでいて恵まれてるな〜とビジターが来るたびに思わされる。

いい1日でよかった。

みけるそん ゆか said...

うわ〜、いい写真がとれてるね!羨ましい。。。

私も、あかりちゃんと同様、マウイに5年住んでいながら、一度も行った事がなかったけど、親友が来たので私と彼女とのあと3人で行ってきたよ。

本当にマウイに住んでいて恵まれてるな〜とビジターが来るたびに思わされる。

いい1日でよかった。