7/30/2009

Moments that Took My Breathes Away 息を呑んだ瞬間たち


"Life is not about how many breathes you take, but about the moments that take your breath away." - Author unknown

I just would like to share some moments that took my breathes away recently.

Photo above: One day, the house was surrounded by fogs (not frogs). It was mysterious, and I felt very cozy.

「人生は何回息をしたかではなく、何回息を呑む瞬間に出会ったかが大切だ。」 (誰の言葉かは不明)

ということで、最近私が息を呑んだ瞬間をシェアしたいと思います。

写真上: ある日、家の周りは濃い霧に囲まれていました。とても心地良かったです。


While Ty was gone to Nikko, Japan for 4 days, I was holding the "fort" alone at home. When I went to a grocery store, I saw these beautiful purple flowers, so I asked the flowers to keep me company. I put them in the vase that happened to be stored at home, and they looked nice together.

タイが日光に行って、一人でお留守番をしていた四日間、野菜を買いに行ったスーパーできれいな紫色の花が売られていたので、きれいなお花のエネルギーに留守番仲間になってもらおうと思って買ってきて、家にたまたまあった花瓶にさして、以外にマッチしているなと思ったとき。


One day, when Ty and I were going home after we did errands in the town, I saw this beautiful thunderhead. I could not help to say out loud, "Wow!" and surprised Ty. Sorry, Ty. Ty being so kind always took me to a place where it was easier to take photos of the cloud.

ある日、タイと町で用事を済ませて帰っていると、入道雲を見ました。とってもきれいで思わず、「わーお!」と大声で言ってタイを驚かせてしましました。ごめんよ、タイ。優しいタイは写真が撮れやすいところにわざわざ連れていってくれました。


Massive. Growing.
もくもく、モクモク。


What is inside?
中には何が?

When I was small, I used to believe that my grandpa who passed away was in the cloud, so I wrote a letter to him and tied it to a balloon, and let it go. I think he enjoyed reading it :-)

小さいときに、亡くなったおじいちゃんが雲の中に住んでいると信じていて、ある日おじいちゃんに手紙を書いて、風船にくくりつけて、空に放しました。おじいちゃん、上手に字を書けるようになったねぇと喜んでくれたと思います。


I wonder if the castle of Laputa is there...?
ラピュタの城があるかな?


Cute, puffy clouds.
かわいい、ふくれた雲たち。


P.O. boxes at the Boulder Post Office on Walnut Street. There is some history, isn't it? Each box will receive letters that are longingly awaited (maybe some of them are not that awaited, though). These are fun and secrete boxes for many of us.

ボルダー市の郵便局にある私書箱たち。歴史がありますねぇ。ここに人々が待ち望む(待ち望まないものもあるかもしれないけど)手紙が届くと思うと、これらは秘密の楽しい箱だなぁと思います。


Tabla that Ty ordered for his students arrived from India! So many of them are there. Ty is inspecting each of them and tuning them. They look like eyes. These tabla will produce beautiful sounds by loved by people who love the instrument.

タイが生徒さんたちのために注文したタブラがインドから届きました。沢山ありますねぇ。タイは一つずつチェックして調子を合わせています。これらのタブラは近い将来、タブラを愛するひとたちに愛されて美しい音を奏でることでしょう。


I washed this organic cotton bed sheet. This is the moment right after I put it on a bed. I visited the world that was so white, so fresh, and so flat and endless for a moment.

オーガニックコットンのベッドシーツを洗って、ベッドに敷いたばかりの瞬間。新鮮で真っ白で、平らで延々に続く白い世界に少しおじゃましてました。


After I had a bowl of yogurt, I brought the bowl and a spoon to the washing sink. A little later, I saw the trace of the spoon as it sank to the bottom of the bowl. Can you see it?

ヨーグルトを食べた後、そのお皿とスプーンを洗うために流しにもっていって、水を入れておいたら、水の表面にスプーンが沈んで行った跡が見えました。見えるかな?


After a short storm, this rainbow came out.

短い夕立の後にこの虹が出てきてくれました。

Many different things can happen, but the world is still full of beauty. That's what I strongly feel recently.

色々なことがあるけれど、やっぱりこの世界は美しいもので溢れていると改めて思う今日この頃。

7/20/2009

Report of My Recent Days 4 近況報告その4


Approaching to Chicago
シカゴが目の前に迫ってきました。

Ty and I left Boulder at 10 am and arrived Chicago 5 am the next day. We drove 18 hours straight. (There were constructions, so we had a long detour.) I drove 2 hours out of 18 hours. I offered to drive more, but he said he would drive, so I did not force him to have me drive :-) I slept or looked the views running toward behind me. We listened to music, talked, and sometimes we just stayed silent. I was never bored. A road trip with Ty was very fun. Thank you, Ty for driving safely.

ボルダーを朝の10時に出発。そして翌日の朝5時にシカゴに着きました。18時間休み無く運転し続けました。(途中、高速道路の工事中のため、迂回しなくてはいけなかったので余計に長くなりました。)18時間のうち2時間は私も運転しました。もっと運転するよと申し出たのですが、「ありがとう。でも大丈夫。」と丁寧に断られ、彼があとの16時間は運転しました。私は寝たり、後ろへ走っていく景色を見たりしていました。音楽を聴いたり、二人で語り合ったり、そして時にはただ静かな時間が二人の間で流れていきました。タイとのロードトリップ(車での長旅)は楽しいものでした。タイよ、私たちを安全に目的地に連れていってくれてありがとう。

After we arrived in Chicago, we slept until noon, and then we went to see Ty's family. We had a yummy Italian food delivered to the home, and we had a wonderful time spending time together.

朝5時に着いた後は、お昼頃まで眠りました。そしてそれからタイの家族に会いました。みんなでイタリア料理のレストランから出前を取って夕飯を食べ、色々とおしゃべりをして楽しい時間を過ごさせてもらいました。タイの日記にお父さんと弟さんが登場しています。


The next day, we picked up Steve Oda and went to a yoga studio called Moksha in Chicago. This is a photo of Steve and Ty transporting all the gears in a large, old-style elevator.

翌朝はシカゴ空港にスティーブ・オダを迎えに行き、その後シカゴにあるモクシャというヨガスタジオに移動しました。この写真は沢山の音響関係の機材などを大きなエレベーターで二階へ運んでいるところ。


With the staff members of Moksha
モクシャのスタジオのスタッフの方と



Ty playing for the sound check
サウンドチェックのためにちょっと演奏しているタイ

After the concert in Chicago, we moved to Fort Wayne in Indiana, and we were hosted by The Kachmann Mind Body Institute.

シカゴのコンサートの後には、インディアナ州にあるフォートウェインという市へ移動しThe Kachmann Mind Body Instituteというヨガスタジオでもコンサートを開かせてもらってきました。


The next day, we dropped Steve off at the airport, and then we drove up to Wisconsin to see Loren's grandma, Grandma Elsie there. It's been a year since I saw her the last time (April 2008). There have been many changes in my life since then. I am no longer a student, and I am working full-time. I am not with Loren anymore, and I am with Ty, and we are engaged. I am in the completely different world that I could not possibly imagine back then. Last summer, she already knew that Loren and I were not together anymore, but she did not know that I was engaged yet. A week prior to my visit with her this summer, Loren happened to be visiting her from Maui, and he told me that he told Grandma that I am engaged now, and I am engaged to a nice man that he likes. Yet, I still did not know how much she understood this information and how she was responding to it, so I felt a bit nervous as I was about to see her.

However, as soon as I step in to her room, I learned that the connection we have established over the years was still surely there between us, so I immediately felt comfortable and sat down at a chair as she told me to do so, and we began chatting. She looked a little bit skinner, and her hair was cut short, but beside that, she was the same Grandma Elsie I have known. Her keen sense of humor, tendency to want to give away anything, and her Elsie smiles were clearly still there. After we spent about two hours together, Loren's mom, Melanie also came to see me. We spent about a half hour while Grandma was having a dinner at the dining room. It was very nice to see her again. I appreciated that she made time to come see me. Then, the time to say good bye finally came. I am still not good at doing this.

Grandma asked me, "Where is your fiance?" I told her, "Well, he is resting in a car at the parking lot." Then, she said, "Why didn't you bring him?" I was not sure what to say, but as if Grandma knew what was going on, she said, "of course, I wanted you to be my real granddaughter, and I was sad when I heard that you and Loren were not together anymore, but I love you, Akari. He is part of you, so I automatically love him. Bring him down. I want to meet him." So, I went to look for Ty at the parking lot, and we came down to her room together. It was a short time, but Ty and Grandma had a nice time together. As it is less painful to cut the skin without hesitation, I thought that saying good bye in a clear and clean way would be less painful for her, so I told her that we had to get going and told her that I would come back again to see her. I kissed her cheek, hugged her skinny body, told her I love her, and turned around as I accepted her eyes filled with tears and her voice turning into a teary voice.

From this visit, I learned how deeply loved I am by her. I hope to visit her again next year. Fortunately, Ty's family live in Chicago, so whenever we visit them, we get to visit my non blood related but heart related grandma in Wisconsin.

翌日、シカゴ空港にてスティーブを見送り、その後、シカゴから車で1時間半ほどのところにあるウイスコンシン州のブルックフィールドへ、ローレンのおばあちゃん、エルシーおばあちゃんに会いに行ってきました。約一年ぶりのことです。おばあちゃんをローレンと一緒に老人ホームにあずけた昨年の四月から沢山のことが起こりました。今、私はその頃には夢にも思わなかった世界にいます。もう学生ではなく、仕事をしています。ローレンとは一緒ではなく、タイと今は一緒であり、婚約までしています。ローレンともう付き合っていないことは、昨年の夏の時点でおばあちゃんには話してありました。今回おばあちゃんに会いに行った丁度一週間前に、ローレンがおばあちゃんに会いにマウイから来ていました。そのときローレンの口から私が婚約していることや、相手はタイというとてもいい人だと話してくれていたそうです。それでも、おばあちゃんの気持ちを傷つけたくなかったので、私はおばあちゃんがどれだけ理解して、そしてそれらの情報をどのように受けとめているのか分からなかったので、少しおそるおそる会う感がありました。

でも、おばあちゃんの部屋に足を踏み入れた途端、おばあちゃんと私の間に長年培われた絆が確実に未だに存在することを知り、私は安心しておばあちゃんのベッドの横にある椅子に促されるままに座り、会話を始めることが出来ました。おばあちゃんは、少し痩せていたようで、髪の毛が普段より短く散髪されていた他は変わりなく、「エルシーおばあちゃん健在!」というオーラを放っていました。相変わらずの冗談や、何でもかんでも人にあげたい兆候や(とても気前が良い)、あの笑顔は健在で、私はとても嬉しく感じました。2時間ほどおばあちゃんと話した後にローレンのお母さんのメラニーさんも、わざわざ遠いところを会いにきてくださいました。メラニーさんともおばあちゃんが食堂で夕飯を食べている間、30分ほどお話ししました。わざわざ会いに来てくださって、ありがたく思いました。そしていよいよお別れのときが来ました。私はまだまだこのお別れが苦手です。

おばあちゃんが、「あかりの婚約者はどこ?」と聞くので、「駐車場で車の中で休んでるよ。」と伝えると、「あら、何で連れて来なかったの。」と言うので、何と答えていいか戸惑っていると、「勿論、私はあかりに本当の孫娘になってもらいかったから、初めにローレンとあかりがもう一緒でないことを聞いたときは悲しかったわ。でもね、私はあかり全部を愛しているのよ。だからあかりが愛して選んだ人なら、あかりの一部でしょ。だから、彼のことも自動的に愛しているのよ。だから、連れてきなさい。会いたいわ。」と言われ、駐車場にタイを探しに行き、二人でおばあちゃんの部屋に戻ってきました。タイとおばあちゃんは短い時間でしたが、中身の濃い時間を過ごしたようでした。そして私はゆるゆると刃を皮膚に当てて切るよりも、スパッと行った方が痛みが少ないように、ここは潔く行くほうが痛みが軽いだろうと判断し、段々夜が更けてきたからもう出なくてはいけないことを伝え、また来るねと伝え、おばあちゃんの頬にキスをし、細くなった体をハグし、おばあちゃんが涙目と涙声になっているのを受け止めながら部屋を後にしました。

今回の訪問でさらに、おばあちゃんにどれだけ愛されているのかを感じました。また来年の夏に会いにいけるといいなと思います。幸い、タイのご家族がシカゴに住んでいるので、シカゴからおばあちゃんの老人ホームまで車で1時間半ほどで行けるので、タイのご家族に会いに行ったときには、私の血は繋がっていないけれども、心の繋がったおばあちゃんに会いに行きたいと思います。


A view I saw as we were driving back to Colorado.
シカゴからコロラドに向かって走っています。丸いものは、牧草で牛たちが食べます。


It's almost Boulder! Do you see many bugs that were hit by our windshield? Sorry, bugs!
あと一息でボルダーです。フロントガラスに張り付いている虫さんたちの死骸が見えますか?虫さんたち、ごめんなさい。


After the long trip, we slept deeply, and Ty began preparing for a concert and a workshop held in Nikko, Japan. While Ty was gone, I was going to hold the fort alone, so I learned how to get to certain places in the town (like grocery store, bank, and post office). We were able to squeeze in some time for a short hike as well. You can get to this place with this magical view of mountains in 5 minutes from the center of the city. You can step into nature so easily, and I think that's the most attractive part of living in Boulder, Colorado.

長旅から帰ってきた後は、ぐっすりと眠り、タイは日本の日光でのコンサートとワークショップの準備を始めました。私はその間、一人でお留守番をすることになっていたので、ボルダーの地理やどこにどんなお店があるかを勉強しました。その合間に街の中心地から5分ほどで行ける、何とも身近なハイキングコースを20分ほど歩いてきました。こんなすごい眺めを銀行や郵便局での用事を済ませた後に、ふらっと行けるそんな生活の出来るボルダーってとてもすてきだと思います。


A large dandelion.
おおきなタンポポ!こんなに大きいと「ふー」っと息を吹きかけるのも大変ですね。






Pearly Street on Sunday
日曜日のパールストリート

Of course. It is Boulder. Large rocks for children to play with.
さすがボルダー。子供の遊び場にも岩が。


Children seem to be happy playing with water. I wish I could play, too.
子供たち、楽しそう。私も遊びたい。


A young musician playing a violin
ヴァイオリンを弾いていた若いミュージシャン


A large elk also came to check out the stores.
大きなエルクも遊びにきていました。


I found this nice hat at prAna. I have not bought a new cloth or an accessory item for myself for a long time. I feel guilty buying new clothes when I have enough, but I was missing a hat like this. I used to have one like this, but I lost it, so I decided to give a gift to myself.

自分に服やアクセサリー類を長い間買っていません。着れる服が十分あるのに、必要のない新しい服を買うのは気が引けるのです。でも、こんな帽子はずっとあったらいいなと思っていました。以前持っていたのですが、うっかりなくしてしまったのです。なので今回は自分にプレゼントを買ってあげることにしました。Pranaというお店で見つけました。


It looks like this on my head.
こんな感じです。

The report of my recent days is done with this entry. From now on, I hope to update my blog more timely.

近況報告はこれで終わりです。これからはもっとタイムリーな日記の更新を心がけたいと思います。

Report of My Recent Days 3 近況報告その3


In June, I did not have a teaching job, but I was working for Tala Records. When people find out I live on Maui, some of them say, "Oh, then you must go to beach everyday." Well, the reality is not that easy. Living in paradise is not cheap. Maui is expensive to live, so a lot of people have two jobs to keep up. There was not quite enough time to fully enjoy the summer time on Maui, but as I wrote in the previous blog entry, I enjoyed attending my friends' weddings and going for a half-day hike.

Then, Ty and I flew to Boulder, Colorado. Ty has lived in Boulder for the past twenty some years. Although he was traveling 80% of a year, he always kept Boulder as his "fort." We don't know yet where we will settle down after we get married. Ty wants to live in Japan sometime, so we are thinking to move among Boulder, Maui, and Japan. Well, we will see. The photo above is a beautiful sunset that we saw on the way to Kahului Airport on Maui as our friend, Mike Crall was driving us. It would be a short good bye to Maui. "I will come back soon, Maui."

6月は教師の仕事は無かったものの、タラレコードの仕事を連日していました。私がマウイに住んでいると聞いて、「それじゃぁ、毎日ビーチに行けるわねぇ。」とおっしゃられる方が時々います。でも、現実はパラダイスに住むのは安くなく、物価と土地の高いマウイでは二つの仕事を持っている人がほとんどです。そんなマウイでの夏を心行くまで満喫するには、ちょっと時間がありませんでしたが、「近況報告その2」にもありましたように、友人の結婚式に招待して頂いたり、半日のハイキングに出かけたりしてマウイでの夏を少し楽しませてもらいました。

そしてお次は、タイと私はコロラド州のボルダーへと飛びました。タイは過去20年近くボルダーを本拠地としており、一年の80%をツアーで回っていましたが、いつも家はボルダーでした。私たちが結婚したら本拠地をどこにするかまだ決めていませんが、タイは日本にも住みたいそうなので、ボルダーと日本とマウイをトライアングルのようにして、何年かおきに動いてもいいねぇなどと彼は言っております。そう出来たらいいですね。上の写真は、私たちの友人であるマイク・クロールがマウイのカフルイ空港へ私たちを送ってくれていたときに見えた夕焼けです。マウイとしばしのお別れです。すぐに戻ってくるよー。


On the other hand, Colorado welcomed us with a beautiful blue sky. (This sky was seen from a bus stop at Denver Airport.)

そして、コロラドは真っ青な空で出迎えてくれました。(デンバー空港のバス乗り場から見えた空。)


Ty travels with Tabla all the time, and sometimes, depends on which airline he uses, his check-in luggage over weighs. In such occasion, he takes out the high drum instead of paying the fee and makes it as a carry-on luggage. Therefore, he is holding his high drum as we were waiting for a bus.

タイは、いつもタブラと共に移動しているわけですが、時々チェックインする荷物が航空会社によっては重量オーバーをするので、そんなときは超過料金を払う代わりに、このタブラの高音の方のドラム(木をくり貫いて作られているので重い)をケースから取り出し、機内持ち込み荷物にします。なので、バスを待っている間、その高音のドラムを手にしているタイの図。


As soon as we arrived at our Boulder home, we slept for about two days. It was truly needed. We had been going and going with wrapping up the school year, Dhvani show, Tala Records, and so on, so it was really good to just sleep. Plus, I didn't feel so good due to the high altitude and, and I got a minor cold while I was traveling. I usually have to be sick to relax (which is kind of sick), so it was a good timing to be sick, and the house is located at a very quiet neighborhood, and isolated from everything, so it feels as if only two of us exist in the world. A good environment to just go into a "cave" and recoup energy. The photo above is us playing a staring game after we made our hair like samurai's.

ボルダーの家に着いてすぐに、私たちは二日ほど寝ました。(ってもちろん、その間起きてご飯食べたり、トイレに行ったりしましたけど。)本当にそれが必要でした。それまでずっと、学校のことや(私の場合)、ドゥバニのショーのことや、タラレコードのことで走り続けた毎日でした。なので、ただ寝ることが出来て本当に良かった。それに、私は飛行機の中で風邪をひいてしまったのか、風邪の症状が出てましたし、ボルダーの標高(1650m)に慣れるのにも時間が必要でした。(酸素が薄いので頭痛がずっとしていた。)ボルダーは、マラソン選手などがトレーニングに来ることでも有名です。トレーニングに適した標高は、1800~2000m付近だそうで、コロラド州ボルダー(標高1650m)や中国・昆明(標高1880m)が高地トレーニングのメッカだそうです。私の性格上、病気でもしなければ休まないので(それ自体病気とも言えるが)、「ちょうど良いタイミングで気分が悪くなってくれたな、しめしめ」と思って休みました。そして何と言いましても、家の周りがとっても静か。ご近所さんも遠いですし、町から少し離れた山の上の方にあるので、家にいるときはまるで私たちだけがこの世界に存在しているような気さえします。なので「ほら穴」に入り込んでエネルギーを補充するのにばっちりの環境と条件がそろっていました。上の写真は侍のちょんまげを真似して作って、お互いににらめっこしている図。


After we charged our "batteries," we were invited by Ty's long-time best friend, Timothy Dobson to play at the dance circle near Naropa University. Please read Ty's Diary for more details.

It was the 4th of July, and there was going to be fireworks, too. The photo above shows people gathering to find a spot to lie down to watch the fireworks.

私たちの「バッテリー」を充電した後は、タイの長年の親友であるティモシー・ドブソンに招待され、タイの通ったナロパ大学の近くで行われた、ティモシーのダンスサークルに参加してきました。タイの日記にてもっと詳しく書かれていますので参照してください。

その日は7月4日、アメリカの独立記念日でしたので、花火が打ち上げられることになっていました。上の写真は花火を見るために場所取りをしている人々。


Fireworks!
花火!


We also had a wonderful hike to Indian Peaks.
インディアンピークスというところにすてきなハイキングにも出かけました。


A beautiful wild flower!
きれいな野生の花です。


A wild mushroom.
野生のきのこです。


I thought it was a brilliant color this moss has.
この藻の色がとってもきれいだなと思いました。


But you cannot relax too long. We had to get ready for concerts in Chicago and Fort Wayne (in Indiana). We packed up our staff and all the music gears in this blue Mercedes's van. It runs on diesel as well as bio diesel. It can carry many things, easily turns around, and is good for the environment.

でもあまりゆっくりもしていられません。イリノイ州のシカゴとインディアナ州のフォート・ウェインであるコンサートに行く準備をしなくては。ということで、色々と準備し、全て荷物をタイのこの青いベンツのバンに乗せ、いざ出発。このバンはディーゼルカーで、バイオディーゼルでも走ることが出来ます。荷物が沢山載せられて、小回りが利いて、その上環境に優しい、いい車です。


We saw this cute, old car running as fast as any other car.
このかわいくて古い車が高速道路をびゅんびゅん走っているのを見ました。


A bit closer. It's cute, but it looked a bit inconvenient to drive on highway because of the wind. I wonder if they could see the view.

もう少し近づいた図。かわいいけど、乗ってる人たちは風が強くてちょっと大変そう。ゆっくり景色を見られるのかしら?


"A view 1" I saw from the highway 80.
高速道路80号線から見えた景色その1.


A view 2
その2


A view 3
その3


Oh, I see windmills the road ahead.
おっ前方に風車があるぞ。


Oh, they are turning and turning.
おぉ、回っているぞ。

To be continued...
続く・・・

7/19/2009

Yellow Submarine Music Box イエローサブマリンのオルゴール

video

When I was looking for a birthday gift for my younger brother who is about to turn 23 in two days, I found this cute music box which plays "Yellow Submarine" by Beatles. As soon as I found it, it reminded me of one of my students who used to sing it out loud at the school. He is also having his 6th birthday at the end of this month.

Happy Birthday to my dear brother and my dear student!

(Japanese)
二日後に23才になります弟の誕生日プレゼントを探していて、こんなかわいい手巻きのオルゴールを見つけました。ビートルズの「イエローサブマリン」です。これを見た瞬間に、教え子の一人を思いました。彼も今月末に誕生日を迎え、6歳になります。学校でよくイエローサブマリンを大声で歌ってくれていました。

私の愛する弟と教え子に、お誕生日おめでとう!

7/18/2009

Report of My Recent Days 2 近況報告その2


It's been awhile since the first report of my recent days.
近況報告その1から大分経ってしまいました。

Sorry. Well, here I go.
すみませんでした。では、近況報告その2、行かせて頂きます。

It will be like a photo diary.
絵日記ならぬ写真日記みたいになりますけど。

Until the Dhvani show was over, our schedule and mind were occupied with Dhvani. After it was done, there was one day (only one day...) for Steve to have a day without any rehearsal or radio interview, so Ty and I took him to 'Ulupalakua and a bit beyond there.

ドゥバニのショーが終わるまでは、私たちのスケジュールはリハーサル三昧の毎日でした。終わってから、一日だけでしたが、スティーブがカリフォルニアに帰ってしまう前にフリーな日があったので、タイと私はスティーブをウルパラクアとそのちょっと先にお連れして来ました。


It was very windy as you can tell.
見ての通り、風が強かったです。


The east side of Haleakala. Its view impresses me every time I go there.
いつ見ても、「すごいなぁー」と思うハレアカラの東側。


After we dropped Steve off at the airport, we happened to stop by at an antique store in Wailuku, and Ty was looking at this guitar (we didn't buy it, though). I wish I could buy it for him, but not until I get some more $$$...
翌日スティーブを空港まで見送った後、たまたま用事で通りかかったお店の隣にあったアンティークのお店で、ギターを見つけ、ひいてみているタイ。結局買いませんでしたけど。買ってあげたいけど、今はお金がね・・・。


I babysat my friend's baby (one and half year old).
友人の赤ちゃん(一歳半)のお守りをしたり。


We went to a Japanese restaurant, Izakaya Matsu in Kihei to see Kyoko-san who works in the kitchen. She was the Shamisen player in the Dhvani show. The food is delicious. You should try it!
キヘイにある居酒屋松という日本食を食べられるレストランのキッチンで、恭子さんが働いているので会いに行ってきたり。おいしいですよ!恭子さんはドゥバニのショーで三味線を弾いてくれた方です。


I bumped into one of my students wearing the disguise glasses at my friend's baby's birthday party. (It's a small world.)
なにゆえか、変な(変装用の)眼鏡をかけている教え子に、友達の赤ちゃんの誕生日パーティーに行った際に遭遇したり。(世間は狭いですな。)



Ty and I went to La Prouse Bay for a short hike.
ラ・プルーズ・ベイに短いハイキングに行ってきたり。

I was mesmerized by whites and blacks. (The white things are coral dried up, and the black things are lava rock.)
白と黒に見惚れてみたり。(白いものたちは珊瑚の干上がったもので、黒いものたちは溶岩の石。)


I saw Mei who came to my class for about two and half months since last December at Baldwin Beach and played with her a bit.
昨年の12月から二ヵ月半ほど私のクラスに来てくれていた、メイと再会して、ボルドウィンビーチで一緒に遊んできたり。


It was a perfect beach day. I got a bit of sun burn.
その日はパーフェクトなビーチデーでした。おかげで日焼けしました。


Ty and I were invited to another wedding. My friend from college got married, and the site they chose was magnificent. You need to check in for a four-wheel drive truck shuttle service. Can you guess where it can be?
タイと私はもう一つの結婚式にも招待して頂きました。私のハワイ大学からのクラスメイトが結婚しました。結婚式場に選ばれた場所は素晴らしいところでした。そこへ行くためには、この看板にありますように四駆のトラックでのシャトルサービスにサインアップしないといけません。どんなところか、想像つきますか?


Your truck will look like this.
そこへ行くと、こうなります。


The answer was Pauwela Light House, north shore of Maui.
答えはパウエラ灯台でした。マウイの北側の崖っぷちです。


You will be able to see Jaws well from here.
マウイの冬の名物、ジョーズ(大波)もここからですとよく見えるそうで。


We saw turtles swimming. (They are not in this photo, though.)
亀さんが泳いでいるのも見えました。(この写真には写ってないですけど。)

In June, Ty and I worked very hard on his business, Tala Records, but we had more time to socialize with people whom we don't get to see as often as we want to. I thank for my wonderful life.
6月は、タイと私は彼のビジネスであるタラレコードに大分こと、時間と労力を注ぎました。それでも、普段なかなか会えない方々に会う時間を取れてうれしかったです。素晴らしい人生に感謝、感謝。

All right. Well, that's it for now, and I will give you another report.
ということで、今日はここまで。近況報告その3をお待ちくださいませ。