3/17/2008

Wearing Grandma's Love おばあちゃんの愛を身にまとって


Loren's Grandma has sewn this white shirt and white skirt for me.
She is 84 years old and has been living with the Parkinson's disease for a long time. She cannot help to shake, and her fingers and hands changed their shapes due to arthritis. Yet, she made these for me.

Almost every day until they were done, she told me, "Come here." Thinking in my head, "Oh no, again..." but I was actually happy and appreciative. We repeated majoring parts of my body again and again. Towards the bottom of the skirt, it has a pink trim, and it's so cute. When I wear it, it makes me feel pure and feathery. She calls me, "That's my dolly."

A long time ago, Grandma wanted to be a seamstress, but she could not go to a school for that because her parents did not agree. So she self taught. She told me that she used to sew every night when her husband was working (he was a police officer, and he had to do a patrol at night).

Loren took this picture when I was being excited to wear it for the first time in Grandma's room.

---------------------------------- Japanese-----------------------------

ローレンのおばあちゃんがこの白いシャツとスカートを私に作ってくれました。
ローレンのおばあちゃんは84歳で、パーキンソン秒と長年付き合ってきて、体が震えてしまうのを止められないし、手や指先は関節炎で大分変形してしまってるのに、それでもこうしてミシンで作ってくれました。

毎日、毎日「ちょっと来なさい」と部屋に呼ばれては「またかいな」と心の中では思いつつも、やっぱり有難くて嬉しくて、辛抱強く体の寸法を測られること幾度と繰り返しました。スカートの裾の方にはピンク色の縁が付いていて、身にまとうととってもピュアであたたかい気持ちにさせてくれます。おばあちゃんはそんな私を見て、「それでこそ私のお人形ちゃんよ。」と言うのでした。

おばあちゃんは昔、お針子さんになりたかったそうです。でもそのための学校に行くことを両親に反対されたので独学で学んだそうです。昔は毎晩、旦那さんの帰りを待つ間ミシンに向かっていたそうです。(おばあちゃんの旦那さんは警察官で、よく夜のパトロールに出ていかないといけなかったらしい。)

おばあちゃんの愛が沢山つまったこのシャツとスカートを初めてまとった日に嬉しそうにしているところをローレンが撮ってくれました。(ちょっと焦点ボケてしまいましたが。)おばあちゃんの部屋にて。

1 comment:

康子 said...

本当におばあちゃんの愛がたっぷり詰まっていそうですね~!
しかし、ご高齢なのに器用ですね。すごい!
あかりちゃんの「またかいな」に笑いました。w