4/05/2008

Days with Grandma おばあちゃんとの日々


In the past four weeks, it seems as if a half year has passed, so I did not have time to write a blog. I have a bit more time to do so now, but as soon as I sit in front of a computer, I don't even know where to begin. My words are yet lost which also kept me from updating the blog. Eventually, however, the urge to write about my experiences won, so I pushed myself to start anywhere I could.

In the past three and half years, I had a rare opportunity to experience what it is like to look after an elderly person.

I have not been writing about this because I felt that it was a bit too personal information for my partner, Loren. This time, I asked him if it would be all right to write about it, and he said, "No problem." For the past five years for Loren and three and half years for me, we took care of his grandmother. She is 84 years old and has been diagnosed with Parkinson's disease for the past 13 years. As of today, there is no cure for this disease, so she has been taking medications at certain times every day for the past 13 years in order to cope with muscle rigidity, tremor, and a slowing of physical movement.

Grandma was living in a house by herself after her husband passed away, but she started to fall in the house. It signaled family members that she should not be living by herself. Loren, living in Hawaii at that time, suggested that she move to Hawaii and live with him. It must have been a big move for her, moving to a totally new place (different cultural background) where she knew no one but Loren.

When she first moved to Maui, she was able to walk, cook meals, and do laundry. I remember when I started to see Loren, whenever I visited him, she made soup for me. However, as times passed, she started to lose that independence due to her physical condition. She used to stay home by herself while Loren was working and take medications at the right time, but she started to forget to take medications. Loren started to hire caregivers. In the beginning, a caregiver came and helped Grandma from 9 am to 1 pm for three days per week. Loren and I tried to finish up our work and tried to come home as soon as we could and cook dinner quickly and eat by 6:30 (if it's too late, Grandma could not sleep well because food sat in her stomach). After awhile, Grandma could not stay by herself from 1 pm to 6 pm. Her dementia also started to be apparent. Loren could not help but to have a caregiver from 8 am to 6 pm every day. It was about two years ago. We hired 3 caregivers, and they came at different times and days. Managing them became my job. Until then, I had not had much experience of managing people, especially telling someone older than me what to do. Communicating what I need them to do clearly and pointing out to some of the jobs that they are not doing correctly was something I struggled with. It was a very good opportunity to acquire new skills, though. It was a difficult task to find good caregivers. Loren and I interviewed many people. There have been people who did not last long, did not get along with Grandma, and did not perform professionally. Eventually, about a year ago, we settled down with 3 caregivers who had strengths in different skill settings. We assigned them jobs that make the most of their strengths.

We lived in the house that Loren's uncle (Grandma's son) used to own. He was the only uncle to Loren and was the only son to Grandma. But he did not wake up one morning for an unknown reason. Grandma might have felt protected by or close to him by living in this house.

Loren and I felt safe to go to work knowing that someone is there to watch Grandma. Of course, we did not leave the house before 8 am and came home by 6 pm. If we went out after 6 pm, we arranged a caregiver to stay with Grandma in advance. Things seemed to settle down at least for awhile, but it changed dramatically. Eventually, the financial resources to pay for caregivers run out. After long thoughts, Loren decided to place Grandma in a nursing home. During this time, it was heartbreaking for me to see Loren going through this. He wanted to watch Grandma at home until the end.

In the beginning of this year, Loren planned to break the news to her. We discussed and explored what the best way to tell her in the least shocking way was. One day, while I was away, Loren had moment to think, "Now is the time!" so he did. Loren expected her to cry, but instead, she solemnly told Loren, "Loren, I have been through a lot in my life, so I can handle this. If God wants me to move there, then I will." It was Loren who cried after he heard this. It was me who cried after I heard this from Loren. I think that my tears had different feelings in them: feelings of sadness that I would not see Grandma here anymore and feelings of empathy for Grandma of hearing this news. And I cried because I saw beauty in Grandma’s ability to deal with the news through the grace of God that only life time of experience could provide.

To be continued...

---------------------------------- Japanese ---------------------------

過去4週間ほどの間に、半年が過ぎたんじゃないかと思うほどの沢山のことが起こって過ぎて行った。だからブログを書く暇が無かった。少し時間が出来た今、いざブログを書こうと思ってパソコンの前に座ってみたのだが、どこから書き始めていいのか分からない。そんなもんだから「書く」ってことが億劫に感じていた。でもやっぱり「書きたい・書き留めておきたい」という気持ちの方が勝って、書き出してみることにした。

私は過去三年半の間、とても貴重な経験をさせてもらったと思っている。介護という未知なる世界に足を踏み入れることによって。

あまりブログには書いてこなかったけれど、(別に書かなかったことにこれといった理由はなかったのだけど、私情だしなぁと思って。でも今回はローレンに書いてもいいか聞いたらいいよって言ってくれたので書くことにした。)ローレンのおばあちゃんを、ローレンは過去五年間、私はローレンと出会ってからの三年半の間お世話させてもらった。エルシーおばあちゃんは今現在84歳。13年前に現代の医療では完治させることが出来ないと言われているパーキンソン病を患った。それ以来、体の振戦、無動、固縮を軽減するために一定の薬を3時間毎に取り続けるという、薬とかけ離れられない毎日を続けている。

パーキンソン病が発病してから少しの間、エルシーおばあちゃんは一人でアメリカ本土のある州で暮らしていた。(旦那さんは亡くなられていたから。)でも何度か家の中でこけるようになり、これは一人で暮らすのは危ないということになり、その頃ハワイに住んでいたローレンが「ハワイに引越して来ない?僕と一緒に暮らそう。」と提案したそうだ。おばあちゃんにとって未知の世界に引っ越すことは、そして全てを孫息子に託すことは勇気のいる決断だったと思う。よく決断したなぁと私は思う。

5年前にハワイに引越して来たばかりの頃はおばあちゃんはまだ一人で歩けたし(手すりを支えに)、ローレンのためにお料理もしてたし、ローレンと自分自身の洗濯物もしていた。私がローレンと出会った頃(3年半前)は、私が遊びに来るとスープを作ってくれたりしていたのを覚えている。でも年数が重なるに連れてそれらが出来なくなってきた。ローレンが日中働いている間一人で留守番出来ていたのも、薬をちゃんと決められた時間に飲むことも、少しずつ出来なくなっていった。なのでローレンはヘルパーさんを雇い始めた。最初は朝の9時からお昼の1時までの5時間ほどの来てもらっていた。その間におばあちゃんがシャワーを使うのを手伝ってもらったり、おばあちゃんのお昼ご飯を作ってもらったり、洗濯と掃除をしてもらっり、薬を飲むのを手伝ってもらったり、お医者さんに連れて行ってもらったり、話し相手になってもらったりといったことをしてもらった。ローレンと私は毎日なるべく仕事を早く切り上げて帰ってくるようにしていた。帰って来るなり、急いで夕飯を二人で作って6時半までにはおばあちゃんと三人で食べるようにしていた。(おばあちゃんはあまり遅く食べると胃がもたれて眠れなくなるので。)それがしばらく続いた後、今度はお昼の1時から夕方の6時(ローレンが仕事から帰ってくるまでの間)に一人で家にいることが出来なくなった。認知症もこの頃から顕著になり始めていた。ローレンはヘルパーさんを朝の8時から夕方の6時まで雇うことにした。それが約二年前のこと。3人のヘルパーさんを雇って順番に来てもらった。彼女たちを管轄するのが私の仕事となった。私はそれまで人を管轄した経験が無かったし、まして年上の人に指示することは初めてだったので最初は少し戸惑った。「こうしてもらいたい」と雇う側の要求を伝えたり、ヘルパーさんがいい加減な仕事をしているときに注意するときが一番四苦八苦した。それらも全ていい経験になったと思う。良いヘルパーさんを見つけるのは至難の業だった。何人もの人をインタビューしたし、実際雇ってから長くは続かなかった人もいるし、中にはおばあちゃんとの相性がどうしても合なかったり、ローレンと私が頼むことをせずに自分勝手なことをする方もいて、辞めてもらう次第になった方もいた。やっと一年ほど前にある3人のヘルパーさんで落ち着いた。それぞれに特技が違って、それらを生かした仕事を振り分けてやってもらった。

ローレンはローレンにとって伯父さんにあたる、おばあちゃんにとっては息子にあたる人の家に住んでいた。この伯父さんはローレンにとってはただ一人の伯父さんで、おばあちゃんにとってはただ一人の息子だった。でも8年ほど前のある朝、目を覚まさなかった。その前日の夜は友達とご飯を食べに行って、何の前兆も無かったというのに。原因は不明だ。おばあちゃんはこの亡くなった自分の大切な息子の家に暮らすことで、息子に見守られているように感じていたのかもしれない。

私とローレンはおばあちゃんが日中誰かしらに見てもらっていると思うと安心して仕事に出掛けられた。でも朝8時前には外出せずに、夕方6時までには家に帰ってくるという習慣は続いた。もし夜、どこかに出掛けるときは前もってヘルパーさんに頼んで来てもらうようにしていた。状況はしばし落ち着いたかのように見えた。しかし、不況の波が押し寄せ、ローレンにもしわ寄せが来た。ヘルパーさんに支払うお金が底をつきてしまったのだ。随分悩んだ結果、ローレンはおばあちゃんに老人ホームに入ってもらうという決断を下した。この悩んでいる間、そして決断を下した後もローレンを身近で見ているのは痛々しいものだった。彼は最期までおばあちゃんを家で看るつもりだった。でも出来なかった。悔しさ、失望、恥、色々な気持ちを抱えて、それら一つ一つを味わっていった。

今年の初めにおばあちゃんにそのことを伝えた。私たちはどうやって、出来るだけショックを少なくおばあちゃんに伝えるか色々と策を練っていた。そんなある日、私が外出している間にローレンは「今だ!」と思う瞬間があり、おばあちゃんにシンプルな言葉でゆっくりと伝えた。ローレンはおばあちゃんが泣き出すことを予想していたが、予想とは逆におばあちゃんはしっかりとした口調でこう言ったそうだ。「ローレン、私はこの人生で色々なことを経験してきたわ。だからこれくらいのこと大丈夫。もし神様が私に老人ホームに行ってもらいたいと思っているなら、私は神様の言う通りにするわ。」それを聞いて泣き出したのはローレンの方だった。そしてそれをあとから聞いて泣いたのは私だった。色々な感情のこもった涙だった。おばあちゃんにもう家では会えなくなるという悲しさの涙。「むごい」告知をしなくてはいけなかった辛さからの涙。そして認知症を持ちながらも大切な瞬間には凛としたおばあちゃんに帰って、私たちよりも長年この地球を踏みしめてきた人にしかない強さで、私たちを愛で包んでくれるその美しさをいとおしむ涙。

続く・・・

3 comments:

mimi said...

hi Akari san!

grandma,you, and Loren ...All of you are so beautiful.
Im crying by reading this.
わたしも おばあちゃんを特別養護老人ホームにいれなくてはいけない状況になった時
とっても辛かったです。
その時の、おばあちゃんの姿、
母が辛い中で その決断をしてた姿を
思い出します。
おばあちゃんは 昨年天国にいきました。
老人ホームに行って
10年以上経って。
だんだん話せなくなって
寝たきりになってからも
私に色々なことを
その ありのままの姿を通して
教えてくれていたし、
与えてくれていたと思います。



人間の真の美しさは
内側から 溢れ出すものなんだなぁ
って Akariさんの日記を
よんで再確認しました!

thank you so much for
sharing your story.

Im praying for all of you!

with hugs, mimi

Akari Ueoka 上岡安佳里 said...

Dear Mimi,
How are you doing? I hope you are doing well. ずっとコメントにお返事しよう、しようと思いつつ今の今になってしまってごめんなさい。Mimiの祈りはちゃんとこちらに届いて、私たちのTransitionをとても意義あるものに無事に導いてくれました。ありがとう。Mimiが元気にしていることを祈りつつ。
安佳里

mimi said...

dear akari:)

私のために祈ってくれて
ありがとう☆

私の祈りも届いたみたいで
嬉しかった!

hope all of you are doing well;)

with hugs, mimi