4/20/2008

A Challenging Flight 波乱万丈なフライトでした


(Mountains covered with snow; seen from the airplane)
(飛行機の中から見えた雪を被った山々)

The flight to Wisconsin had three stops. With a time change, I imagine that it was not be easy for 84-year-old body with Parkinson's to endure all that. Loren reserved a first-class seat for Grandma and also reserved one more first-class seat and one economy-class seat. Loren and I exchanged our seats during flights to accompany Grandma. We used Northwest Airlines; unfortunately, we did not have a pleasant experience with them this time. Although we reserved first-class seats, the seats did not recline much, so Grandma could not lie down. The flight attendants seemed to be stressed out. Additionally, the flight attendants gave Grandma’s wheel chair to someone else. We had to wait in the aircraft until we got the wheel chair back. When a temporal wheel chair came, there was a strange rule that she could not get inside of the building with that particular chair, so she had to wait between the building and the aircraft for at least 5 minutes where it was snowing! Loren asked them to move her to somewhere at least warm, but they refused this request and blankly stated, “We cannot change the rule.” Loren and I were pretty upset about this, and they even did not apologize for this matter… Then, the flight from Minneapolis to Milwaukee was delayed three hours due to some sort of malfunction of the aircraft. In the end, they canceled the flight, and we had to get another flight. By the time we got it, we found out that the gate was so far away from where we were and was going to leave in 15 minutes! We had to run to the gate with Grandma on the wheelchair. Of course, we lost our first-class seats although we had paid for them, so Grandma had to sit in one of the economy seat. It was challenging for her to walk through the narrow isle and sit down.

Despite of all these difficulties, Grandma did well. I was impressed. I was exhausted by the time we had to run for 7 minutes form one gate to another, but she was in a good spirit and talked a lot. In the end, we landed in Wisconsin safe and sound.

The next day, Grandma was hospitalized. It was not because she got in an accident or was sick. She had to see a doctor in the region of a nursing home prior to the admission. While she was staying at a hospital, she saw two doctors who were specialized in Parkinson’s disease. These doctors wanted to try a new Parkinson’s medication on Grandma, so they took away her current medications. The result was not good. Grandma’s function level declined to 20%. She could not get out of a bed, could not feed herself, and could not use a bathroom on her own anymore. She kept sleeping a whole day. Loren solicited with the doctors to go back to the original medications and the original dosage. It took a couple of days to get ‘our’ Grandma back. Meanwhile, Loren was busy trying to find a nursing home that would accept her. He eagerly found right people to talk to, and a social worker and he spent hours on this matter. Many different kinds of formal documents were needed, and dense process was ahead of us. The day to return to Maui was approaching, but dealing with the doctors, finding a right nursing home for her, and dealing with paper work endlessly continued from the morning to the night. I respected Loren for his effort and love for Grandma. As Grandma was coming back to her normal function level, Loren finally found a nursing home that accepted her. There were countless people, including Loren’s family members, involved in this process and helped along the way. They were truly appreciated. In order to finalize the whole process to the point where Loren and I could feel safe enough to leave, we decided to extend our stay.

--------------------------------- Japanese ------------------------------


(Snowy weather in Wisconsin)
(雪景色のウイスコンシン州)

ウイスコンシン州へのフライトは沢山の乗り換えがあった。時差もあった。84歳の老体とパーキンソン病には辛い旅だったはずだ。ローレンはおばあちゃんのためにファーストクラスの席を買った。あともう一席ファーストクラスを買って、エコノミークラスの席を一つ買った。ローレンと私が交替でエコノミーとファーストクラスの席に座っておばあちゃんをヘルプした。ノースウエスト航空を使ったのだが、残念ながらサービスはお世辞にも良いと言えるものではなかった。ファーストクラスのはずなのに、シートはただ幅が大きいだけでエコノミークラス以上に倒れないのでおばあちゃんは横になれなかったし、スチュワーデスさんは全く笑わなかったし、乗り換えをするときにスチュワーデスさんがおばあちゃんの車椅子を、他に車椅子が必要だった人に(その人は前もって車椅子のリクエストをしていなかったのに)間違って渡してしまい、おばあちゃんは飛行機の機体と飛行場の建物の間の寒いところでしばらく待たされた。(着いた日には雪が降っていた!)それに対して何の謝罪も無かったし、代わりの車椅子が来たときには(おばあちゃんのではない)それを使って建物に入ってはいけないという変なルールがありまた待たされ、せめて暖かいところに移動させてくれないかと頼むと「ルールはルールですから!」と逆に怒られてしまった。何だか悲しくなってしまったフライトだった。そして最後のミネアポリスからウイスコンシンへのフライトの出発が、機体に異常が見られるということで三時間遅れた。この三時間の待っている間、おばあちゃんはよくがんばったと思う。私でさえ12時間以上のフライトでクタクタだったというのに、おばあちゃんはよくおしゃべりをしていた。それに相槌を打って、一言二言感想を述べたり、「へぇ、そうなんだー」とかがんばって言うのだが疲れたけどね(笑)。結局そのフライトはキャンセルされ、私たちは別のフライトに斡旋されたのだが、そのフライトに斡旋された時点で、そのフライトが15分後に飛び立つこと、そしてそのゲートがはるか離れた所にあることを伝えられ、私とローレンはおばあちゃんを車椅子に乗せて7分間ほど全力疾走したのだった。そのフライトのファーストクラスは既に満席なのでエコノミークラスに座った。何のために大金を支払ってファーストクラスを取ったのか分からない。おばあちゃんは上手に歩けないので狭いエコノミークラスの席に座るのが本当に大変なのだ。

そんなハプニングもありつつも気を取り直し、私たちは無事にウイスコンシンの地を踏んだのだった。

翌日おばあちゃんはある病院に入院した。と言っても何かあって入院したわけではない。老人ホームに入るためには、地元のお医者さんの診断書が必要だったから。それからウイスコンシンにはパーキンソン病を専門にしているお医者さんが何人かいるので(マウイにはゼロだったが)その方たちにおばあちゃんの今の状態を診てもらって、何か改善出来ることが無いか聞くことにしたのだ。しかし、そのお医者さんたちがおばあちゃんの飲んでいた薬を取り上げ、新しい薬を試してみたのだが、それは上手くいかずおばあちゃんは三日ほど寝続ける日が続いた。起きたとしても自分では何も出来ない状態だった。(それまでは自分でベッドから下りたり、ご飯を食べたり出来ていたのに。)なのでローレンがお医者さんに掛け合って元の薬に戻してもらうように頼んだ。そんな中、ローレンは老人ホーム探しに大忙しだった。ソーシャルワーカーと話しあうことが何日か続いた。色々な法律的な書類が必要だったり、沢山のプロセスがあった。段々とマウイに戻る日が近づいてくるなか、お医者さんとのやりとり、老人ホームとのやりとりとそれに加わる人たちの会話は朝から晩まで続き、ローレンは本当にがんばってやり遂げた。ようやくおばあちゃんが元の状態に戻ってきた頃、やっとおばあちゃんを引き受けてくれる所が見つかった。ローレンの家族を含め色々な人の助けあってのことだった。本当に有難いことだ。

ローレンと私は安心してマウイに帰れる時点にはもう一息達していなかったので、戻る日を二日延期したのだった。

2 comments:

yasuko said...

一連の作業、本当にお疲れさまでした。
ウイスコンシンへ行ってからでないと老人ホームも決定できなかったんですね。
本当にお疲れさまでした(×100)。
私も3年前、それらの手続きをしたので日記を読ませて頂き、記憶が甦ってきました。
私は誰も手伝ってくれる人がいなかったので全て一人で頑張りました~。
しかし、飛行機の移動などはなかったので(当たり前)、ローレン&あかりちゃんたちのほうがとても大変だったことでしょう。
本当にお疲れさまでした。

Akari Ueoka 上岡安佳里 said...

Yasukoさんへ

いつもいつもコメントありがとうございます。Yasukoさんはこれらの手続きを全て一人でなさったのですね。それはそれは大変な作業であったことと思います。どのような状況下であれ、ある家族のメンバーを他の「家」へ移動するという作業は皆同じように大変なものなのでしょうね。

今はおばあちゃんも大分慣れて、老人ホームでの毎日を楽しく過ごしているようで安心しています。