6/18/2009

Departures おくりびと


The annual "Maui Film Festival" is here again!
There are four movie theaters to watch (each theater has different movies to show), and one of them is called Celestial Cinema (the photo below). Literally, you can watch a movie under the starry sky. Watching a movie on the green grass under the stars is something special.


For those of you who love movies, this week is your week!

Why do I, a tight saving person, pay to watch a movie at a movie theater? I believe that watching and listening to a story called movie with other people is different from watching a DVD at home by myself. Regardless of the genre of the movie, we individually interpret, feel, and experience the message that each movie tries to convey to us. The feelings we feel will start to float in the dim space in the movie theater and start to fill the space. Sharing that space and time with others makes our experience of the movie even more vivid. Long before the movies, TV, and radio were invented, people enjoyed sharing stories as they sat around the fire. I believe that we as humans will always take pleasure in sharing our stories.

If you live here on Maui or are visiting now, please bring yourself to one or two of these wonderfully selected movies. I like to go watch movies by myself and also like to go with friends. How about you?


Yesterday was the first day of this Maui Film Festival, so Ty and I went to watch one called "Departures at MACC's Castle Theater where we performed a couple of weeks ago. It is an Academy Award® Winner for Best Foreign Language Film of the year.

The official trailier can be viweed at the link below:
http://www.youtube.com/watch?v=1K3vKuWyEQk

I regretted that I did not bring a handkerchief to wipe my tears and runny nose.
I am not going to write the details of the story here for those who have not watched it yet, so all I would say is that this movie gave "death" respect, love, and humor. The Noukanshi (encoffiner)'s earnest attitude towards death and how each family member left behind processes the death of loved one touched and shook my heart. I strongly felt that death is life, and life is death. I also felt stronger respect for the profession of Nokanshi (encoffiner) who helps the departures of people who passed away. And, I thought how beautiful and important it is to try to master the art form of whatever occupation I get.

The music director was Jo Hisaichi who also worked for my favorite animation movies such as "Spirited Away," "Howl's Moving Castle," "Princess Mononoke," "My Neighbour Totoro," and "Nausicaä of the Valley of the Wind."

----------------------------- Japanese -------------------------------

毎年6月 に催される、特別映画プレミア試写会、「マウイフィルムフェスティバル」が今年もやって参りました。いくつかの映画館があり(全部で4つかな)、その一つ はワイレアにあるセレスティアルシネマ(空の映画館)と言い、上にあります写真のように名前の通り、星空の下で芝生に座って見る映画は格別なものがあります。

それぞれの映画の詳細については下のリンクをクリックしてください。
http://www.mauifilmfestival.com/mffw_newsletter.php

映画好きにはたまらない一週間のフェスティバルです。
お財布の口を簡単には開けない私が、DVDで映画を観れる今日、あえてお金を払って映画館で映画を観るのは何故か。一つの映画という物語を他の人々と一緒 に観る、聴くということに意味があるからだと思います。映画のジャンルを問わず、それぞれの映画が伝えようとしているものを、観客それぞれに感じ取り、その私たちの感情が映画館の薄暗い空間に浮き出し、積もった、その時間とスペースを共有することで、映画という物語をさらに強く経験出来るのではないでしょうか。映画やテレビ、ラジオの無かった昔、夜に火を皆で囲み物語りをシェアしたように、私たちはいつまでもストーリーをシェア出来ることに喜びを見出すものなのでしょうね。

マウイにおられる方、是非足を伸ばしてみてください。
私は一人で映画館に行くのも好きですし、お友達と行くのも好きです。みなさんはどうですか?



昨晩にフェスティバルは始まり、早速タイと一つ映画を観て来ました。6月5日に私も踊ったMACCのキャッスルシアターにて米アカデミー賞で外国語映画賞に輝いた「Departures」を観てきました。日本語タイトルは「おくりびと」です。

ハンカチを忘れたことを悔やむほど涙が出てきました。
まだ観られていない方のために詳しくはお話ししませんが、誰もがいつかは迎える死に、尊厳と愛情とユーモアを与えてくれた素晴らしい映画でした。納棺しの「死」に対する真摯な姿勢に、残された家族の「死」を受け止める過程に心が揺さぶられました。死は生であり、生は死であることを強く思いました。そして、この世を懸命に生きられた一人一人の魂の旅立ちのお手伝いをされる納棺しという職に、改めて尊敬しました。そして、あらゆる職業がある現代、自分が就いた仕事を、それがどのような仕事であれ、極めることの美しさを改めて思いました。

以下の文章を有限会社 葬祭公社 斎場益城会館の川端康誉さまのホームページから抜粋させて頂きました。

葬儀の形骸化が叫ばれて久しく、都市部では火葬のみで済まされる方が3割をかぞえ、中身のない言葉で葬儀が括られています。私が最近読んだ本に、以下のような言葉がありました。

---

記憶は、過去のものではない。それは、すでに過ぎ去ってしまったもののことではなく、むしろ過ぎ去らなかったもののことだ。とどまるのが記憶であり、じぶんのうちに確かにとどまって、じぶんの現在の土壌となってきたものは、記憶だ。

(中略)

その記憶の庭にそだってゆくものが、人生とよばれるものだと思う。

記憶のつくり方・長田弘 あとがきより

---

葬儀とは、そういうものではないでしょうか。亡くなった人も、確かに私の庭にとどまっている。それが葬儀や、葬儀だけでなく、実は普段死と隣り合わせに生きる私に必要なのではないかと感じるのです。

こちらのリンクにて予告編を観ることが出来ます。
http://www.youtube.com/watch?v=1K3vKuWyEQk

音楽は久石譲さんが手がけられました。私の大好きな「となりのトトロ」、「風の谷のナウシカ」などの音楽を担当されている方です。

イメージソングを歌っているAIの歌、「おくりびと」もすてきなうたです。

2 comments:

Yuka said...

私もこの映画みたい!!!!!DVDになるのを楽しみにしてる毎日。

よかったんだろうね、見るの楽しみだ〜〜〜

Akari Ueoka said...

Hi Yuka, You'll like it. Thank you for leaving the comment.