1/06/2008

Entering Motherhood お母さんになるにあたって


Today, I was invited to a circle of friends to ritualize my friends' transition to motherhood. She is expecting a baby in the mid of February.

It was a beautiful ceremony. We all sat in a circle and introduced ourselves by telling how we met her and how we perceive her. Then, we individually presented an object to place and leave on her birth altar in addition to an inspirational quote, story, prayer, or a chant to celebrate her journey to become a mother.

I have not been a mother yet, so I do not exactly know what it is like to be one. But I know what it is like to be loved by a mother. It must be a wonderful feeling to be a mother because it was a wonderful feeling to be loved by a mother...

A new life is about to be born. A new mother is about to be made.

I prayed that my friend's new journey as a mother will be healthy and joyous.

As a side story about motherhood, when I was about 6th grader (12 years old), my mother said, "Well, you are a sixth grader now, and that makes me a 12th grader then." She meant that she had been a mother for 12 years (since I was born). She is a 25th grader today. When she told me that, I told her jokingly, "It's not fair that my brother (younger) is raised by a little more experienced mother, but I am the first-born-child, so I am sort of your first trial!" Then, my mother said, "Well, I become a first grader all over again when your brother was born." Then, I thought to myself, "I guess that makes sense because she is raising a whole different human being from the beginning again."

She told me, "As you grow, I grow as a mother, too. Thank you for growing with me."

(Photo above: Willow Tree products by Susan Lordi. I gave this one to my friend.)
(写真上:スーザン・ローディという方の作られたウィロウツリーの人形シリーズの一つ。これをもう少しでお母さんになる友達にあげました。)

-------------------------------Japanese--------------------------------


(Food afterwards... Everything was so yummy!)
(セレモニーの後で食べた食べ物たち。おいしかった!)

今日は、もうすぐでお母さんになる予定の友達の母親になっていく過渡期をお祝いするセレモニーに招待されて行ってきました。彼女は二月の中旬に出産予定です。

それは美しいセレモニーでした。彼女の家で友達と(15人ほど)皆で輪になって座り、自己紹介を兼ねて(お互いに知らない友達もいるので)、それぞれがどうやって彼女と知り合ったのか、彼女がどんな人かをシェアしました。それから彼女の神聖な棚(祭壇のようなもの)に置けるものを、一人ずつプレゼントとして彼女に渡しました。渡す際に詩や、どこかの本から見つけてきた励ましになる言葉や、お祈りの歌や、祈りもそれぞれシェアしました。

私はまだ母親になったことがないので、母親になるとはどういうことかはっきり分かりません。でも母親に愛されるということがどういうことかはよく分かります。きっと、お母さんになるってすごく素晴らしい気持ちがするんじゃないかなと思います。だってお母さんに愛された思い出はとても気持ちがいいから。

あぁ、新しい生命(いのち)が来るよ。新しい「お母さん」もつくられるね。

私の友達の母親としての新しい旅が、健康で嬉しさに溢れたものでありますようにと祈りました。

母であることについての話ついでで、こんなエピソードを思い出しました。私が6年生くらいの時だったかしら(12歳くらい)。母が「そう、あかりは6年生になったんやね。そしたらお母さんは12年生くらいかな。」って言いました。そう、その頃私が生まれてから12年経ったから、12年間お母さんをしてきたから、お母さんとしては12年生だと。(ということは、母は今25年生ですね。)それを聞いて私は冗談で「そしたら、みちまさ(弟)はちょっと経験のある母親に育てられてずるいじゃん。私は最初に生まれたから、お母さんの最初の試みってわけ?」そうすると、母は「でも、みちまさが生まれたときお母さんはまた1年生に戻ったんよ。」とのこと。幼心に「確かにそうだな。全く違った人間をまた一から育てるわけだから、一年生に戻るというのも納得いくな。「みちまさのお母さん」としては一年生なわけだな。」と思ったのでした。

「あかりが育つとともに、お母さんも母親として育っていってるのよ。一緒に育ってくれてありがとね。」とのことでした。こちらこそ育ててもらってありがとうございます。

2 comments:

BreeWee said...

I love reading about your moms wisdom! Oh yes, motherhood is so special and amazing! When you become a mom your world changes, for the better and you become the best woman you are meant to be.

Best to your friend!

Akari Ueoka 上岡安佳里 said...

Thank you for your posting, Breewee.

I hope to be as good and healthy mother as you when I become one.